遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム

お問い合わせ・サポート

タッグデュエルのあそびかた

2人でタッグを組み、2対2の4人で同時にデュエルを楽しむ「タッグデュエル」のあそびかたを紹介!

カードの配置

ターンの進め方

  • 先攻は4人でジャンケンをして勝った人になります。
  • 先攻プレイヤーからアルファベットの“N”のようにターンが移ります。
    (先攻の人の向かい側にすわっている人に次のターンが移ります。)
プレイヤーAが先攻の場合
ターンターンプレイヤー相手ターンに
カードを使えるプレイヤー
1AD
2CA
3BC
4DB
プレイヤーBが先攻の場合
ターンターンプレイヤー相手ターンに
カードを使えるプレイヤー
1BC
2DB
3AD
4CA
プレイヤーCが先攻の場合
ターンターンプレイヤー相手ターンに
カードを使えるプレイヤー
1CB
2AC
3DA
4BD
プレイヤーDが先攻の場合
ターンターンプレイヤー相手ターンに
カードを使えるプレイヤー
1DA
2BD
3CB
4AC

タッグデュエルにおける特殊ルール

  • 基本的にはマスタールール3に準じます。
  • パートナーと手札やセットカードを、確認・相談しても構いません。
  • 墓地や除外されているカードはそれぞれ持ちますが、ルール上は1つとして扱うため、パートナーの墓地や除外されているカードも参照・使用することができます。
  • [フィールド・墓地などから、手札・デッキに戻す]などの効果の場合、元々の持ち主の手札、デッキに戻ります。
  • [デッキから特殊召喚する][デッキから手札に加える]などの効果の場合、そのカードの元々の持ち主が違っても、今行動しているプレイヤーが自分のデッキに対してその効果を処理します。
  • エクストラデッキはそれぞれ持ち、パートナーのエクストラデッキのカードを参照・使用することはできません。従って、エクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターもパートナーのカードは使用できません。
「リビングデッドの呼び声」「貪欲な壺」など
パートナーの墓地のカードも対象にすることができます。
「カオス・ソルジャー-開闢の使者-」「ミラクル・フュージョン」など
パートナーの墓地のカードも除外することができます。
「剣闘獣~」など
元々の持ち主がAであるカードが、パートナーであるBのターンに墓地やデッキに行く場合、デッキから手札に加えたり、特殊召喚する効果はBのデッキから行います。
お互いのプレイヤーに影響するカード効果の場合
Aが先攻の順でプレイしており、Aがターンプレイヤーの場合、Dのプレイヤーが影響を受け、Bがターンプレイヤーの場合、Cのプレイヤーが影響を受けるという処理になります。
お互いのプレイヤーに影響する永続魔法&永続罠などの場合
全プレイヤーが影響を受けます
遊戯王 デュエルリンクス
「遊戯王 デュエルリンクス」配信中! ついに「遊戯王」がモバイルアプリで登場!最強のデュエリストは誰だ! [ iOS ] / [ Android ] » 公式サイトでチェック