「グラヴィティ・バインド−超重力の網−」と「超古代生物の墓場」

相手モンスターの攻撃を防ぎながら、エクシーズモンスターで攻撃したい時に役に立つ永続罠カードを紹介。
相手が攻撃できなくなればモンスターを破壊されにくく、エクシーズ召喚につなげやすいぞ。
レベル4以上と広い範囲の効果をとるか?それとも範囲が狭くなるがレベル6以上の特殊召喚したモンスターを狙って効果も発動できなくする?
エクシーズモンスターを活躍させたいとき、キミならどっちを選ぶ?

超古代生物の墓場

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上に表側表示で存在するレベル6以上の特殊召喚したモンスターは攻撃宣言をする事ができず、効果を発動する事もできない。
[特徴]
  • レベルを持たないエクシーズモンスターは影響をうけない
  • レベル6以上の特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できない
  • フィールド上に表側表示で存在するレベル6以上の特殊召喚したモンスターは効果を発動できない

グラヴィティ・バインド-超重力の網-

フィールド上に表側表示で存在する全てのレベル4以上のモンスターは攻撃をする事ができない。
[特徴]
  • レベルを持たないエクシーズモンスターは影響をうけない
  • レベル4以上のモンスターは攻撃できない
  • モンスター効果に対する効果はない

「月の書」と「エネミーコントローラー」

守備に使ったり、攻撃の補助にも使えたりと使い方が幅広い2枚のカードを紹介!
キミのデッキにはどちらのカードがより相性がいいかな?

エネミーコントローラー

次の効果から1つを選択して発動する。
●相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の表示形式を変更する。
●自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。このターンのエンドフェイズ時まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体のコントロールを得る。
[特徴]
  • 速攻魔法のため自分ターンで手札から使える
  • 相手モンスターに対し2種類の効果を選んで使える
  • 相手モンスターの攻撃を無効にする
  • 相手モンスターを側守備表示にする(戦闘の補助)
  • 相手モンスターを表側攻撃表示にもできる(戦闘の補助)
  • 2つ目の効果によって
    • 一時的に相手モンスターのコントロールを得る
    • 奪ったモンスターをシンクロやエクシーズ素材に利用
      (間接的に相手モンスターの除去となる)
    • 自分フィールド上のモンスターをリリースできる
      (「クリッター」など墓地に送りたいケースもある)
  • デッキに3枚まで入れられる(2011年3月時点)

月の書

フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、裏側守備表示にする。
[特徴]
  • 速攻魔法のため自分ターンで手札から使える
  • 相手・自分どちらのモンスターにも使える
  • 相手モンスターの攻撃を無効にする
  • 相手モンスターを側守備表示する(戦闘の補助)
  • 裏側にすることで
    • 攻撃力や守備力の変化などの効果をリセット
      (「BF-疾風のゲイル」や「偉大魔獣 ガーゼット」等)
    • モンスターの永続効果をたちきる
      (「大天使クリスティア」の特殊召喚封じ等)
    • シンクロ召喚やエクシーズ召喚を妨害
    • リバース効果を再利用できる
  • 制限カードのためデッキには1枚のみ(2011年3月時点)

「封印されしエクゾディア」や「終焉のカウントダウン」

デュエルは先に相手のライフポイントを0にした場合や相手がデッキからカードを引けなくなった場合に勝利となるが、その他にもカードの効果によって勝利が確定することがあるぞ!
今回はそんな特殊勝利を狙う「封印されしエクゾディア」や「終焉のカウントダウン 」を紹介しよう!

終焉のカウントダウン

2000ライフポイントを払う。発動ターンより20ターン後、自分はデュエルに勝利する。

[特徴]
  • ライフが2000以下だと発動できないが、一度発動に成功すれば、その後に効果を止めることはできないぞ!
    あとは20ターン生き残ればいいので、守りを固めるカードで勝利へのカウントダウンをしよう!
    前々回に紹介した「悪夢の鉄檻」などの数ターン守ってくれるカードと相性がいいぞ!このカードを引けないと始まらないので、ドローできるカードも重要だ。

封印されしエクゾディア

このカードと「封印されし者の右足」「封印されし者の左足」「封印されし者の右腕」「封印されし者の左腕」が手札に全て揃った時、デュエルに勝利する。
[特徴]
  • 勝利条件にある「封印されし者の〇〇」はすべて通常モンスターで、魔法使い族/闇属性/レベル1/ATK 200/DEF 300。
    デッキからカードを引き出す効果や墓地のカードを手札に加える効果を持つカードをうまく使って手札にそろえよう!
    前回紹介した「成金ゴブリン」などのドローする効果を持つカードはもちろん、前々回に紹介した「一時休戦」などの守備とドロー両方を兼ねそなえたカードは相性がいいぞ!

「強欲なカケラ」と「成金ゴブリン」

基本的に、手札を多く持っているほど状況に応じた対応や展開がしやすいデッキがほとんど。そのため、ドローなどの手札を増やすことができるカードは重要だ。
今回はフォトン・ショックウェーブに収録されている「強欲なカケラ」を紹介!
この1枚で2枚ドローできれば、かなりお得だぞ!
ビギナーズエディション1に収録され、ドローする効果を持つ「成金ゴブリン」と比較してみよう。

成金ゴブリン

自分のデッキからカードを1枚ドローする。その後、相手は1000ライフポイント回復する。
[特徴]
  • すぐに1枚ドロー
  • 通常魔法のため、効果を無効にされない限りドローできる
  • 相手が1000ライフポイントを回復してしまう

強欲なカケラ

自分のドローフェイズ時に通常のドローをする度に、このカードに強欲カウンターを1つ置く。強欲カウンターが2つ以上乗っているこのカードを墓地へ送る事で、自分のデッキからカードを2枚ドローする。
[特徴]
  • 自分のドローフェイズ時のドローを2回した後に2枚ドロー
  • 永続魔法のため、途中で破壊されるとドローできない
  • 相手のライフポイントを増減する効果はない

「一時休戦」と「悪夢の鉄檻」

ピンチをしのいだり、(ダメージを0にする効果を利用して)戦闘で破壊され墓地に送られた時に効果を発動するモンスターを有効利用できる「一時休戦」を紹介!
攻撃できなくすることで戦況を変える時間をつくるカード「悪夢の鉄檻」と比較してみよう。
「一時休戦」は、「悪夢の鉄檻」と比べ効果の続くターン数は半分だけど、その分お互い1枚ドローする効果を持つため、より早く状況を変えるキーカードを引けるかもしれないぞ!

悪夢の鉄檻

全てのモンスターは(相手ターンで数えて)2ターンの間攻撃できない。2ターン後このカードを破壊する。
[特徴]
  • モンスターは攻撃宣言できない
  • 戦闘によってモンスターを破壊できない
  • 効果ダメージは受けてしまう
  • 効果の持続は自分と相手各2ターン
  • 発動後フィールドに残り、ハリケーンなどで再利用可能
  • サイクロン等で破壊されると効果がなくなる

一時休戦

お互いに自分のデッキからカードを1枚ドローする。次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。
[特徴]
  • モンスターは攻撃宣言できる
  • 戦闘によってモンスターを破壊できる
  • 効果ダメージも0になる
  • 効果の持続は自分と相手各1ターン
  • 発動後フィールドに残らず、墓地に送られる
  • 発動にサイクロン等をチェーンしても効果はなくならない