ストラクチャーデッキ「サイバース・リンク」特集

商品画像新アニメ「遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)」の主人公「遊作」がVR空間で闘う姿─── その名は「Playmaker(プレイメーカー)」。

その主人公があやつるリンクモンスターやサイバース族モンスターを中心にした、思いきりリンク召喚を楽しめる構築済みデッキ「STRUCTURE DECK サイバース・リンク」が、6月17日(土)に登場!

多数の新カードが登場し、リンク召喚をサポートする強力なカードにも注目だ!

ここで、このデッキの使い方や新カードの紹介をするので、リンク召喚をあやつりデュエルを楽しもう!

デッキの使い方-新カードを中心としたプレイングイメージ

まずはプレイングガイドで、新カードを中心としたコンボのイメージをチェックしよう!

「サイバース・リンク」デッキの使い方

リンクモンスター:相互リンクを狙ってコンボにつなげよう!

強力な3体のリンクモンスターが登場!
相互リンクするほどにコンボのバリエーションが増えていき、強烈な布陣となる!!!

仲間の存在がパワーアップの源!「トライゲート・ウィザード」との相互リンクでダメージ倍(4600)も狙える!!

エンコード・トーカーリンクマーカー[リンク3/サイバース族/ATK 2300]
サイバース族モンスター2体以上
①:1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

相互リンク数によって得られる最大3つの効果がいずれも強烈!メインモンスターゾーンで活やく!

トライゲート・ウィザードリンクマーカー[リンク3/サイバース族/ATK 2200]
トークン以外のモンスター2体以上
①:このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

相互リンク数によって得られる最大2つの効果で戦闘をサポート!戦闘によってLPの回復も狙える!

バイナル・ソーサレスリンクマーカー[リンク2/サイバース族/ATK 1600]
トークン以外のモンスター2体
①:このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。その数値分だけ自分のLPを回復する。
●2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体の攻撃力をアップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

▶ ポイント ◀
リンクマーカーの向きをチェックして、相互リンクとなるようにリンクモンスターを並べると強力!

⇒「トライゲート・ウィザード」と「バイナル・ソーサレス」は、自身と相互リンクしているモンスターの数に応じて使える効果が増えていくぞ!

新たなサイバース族モンスターが続々登場!

モンスターを展開する効果を持つなど、リンク召喚につなげやすい新たなサイバース族モンスターが多数登場!

墓地に送られても除外されても自身を特殊召喚でき、リンク召喚を大幅にサポート!!

ドットスケーパー [ATK 0/DEF 2100]
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。①:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。②:このカードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
[⇒ リンク召喚の素材として活用し墓地へ送っても、①の効果で自身を特殊召喚できる!さらなるリンク召喚につなげやすい強烈な効果だ! 「デュアル・アセンブルム」などを利用して除外しても②の効果につながるぞ! ]

仲間のサイバース族をパワーアップ!自身を破壊から守る効果も持ち合わせる!

クラインアント [ATK 1500/DEF 1500]
①:通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は、自分ターンの間500アップする。②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の手札・フィールドのサイバース族モンスター1体を破壊できる。
[⇒ ②の効果によって代わりに破壊するサイバース族は、コンボやその準備につながるモンスターから選ぼう! 手札で破壊されても効果が利用できる「ROMクラウディア」「ドットスケーパー」などがオススメ!]

手札からの特殊召喚だけでなく、エクストラモンスターゾーンのモンスターを全てデッキに戻す強烈な効果も!!

バックリンカー [ATK 1600/DEF 0]
①:EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:このカードをリリースして発動できる。EXモンスターゾーンのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
[⇒ エクストラモンスターゾーンに相手モンスターしかいない場合は、自身を特殊召喚でき、相手のエクストラモンスターゾーンのモンスターをデッキに戻す②の効果につながる!ちなみに①の効果は、自分の「メインモンスターゾーン」ならモンスターがいても利用でき(エクストラモンスターゾーンに自分モンスターがいなければOK)使いやすい!! ]

モンスターの展開に役立つ2つの効果でリンク召喚をサポート!!

バランサーロード [ATK 1700/DEF 1200]
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。②:このカードが除外された場合に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
[⇒ ①の効果は、モンスターを展開してリンク召喚につなげるだけでなく、召喚成功時に効果を発動できるモンスターの活やくもサポート! このデッキに入っている「ROMクラウディア」のほか、「ドラコネット」や「サイバース・ガジェット」も召喚成功時の効果を持っているのでコンボにつなげよう!]

墓地の仲間を手札に加えてコンボにつなげよう!デッキの仲間を呼び出す効果は戦線の維持に役立つ!

ROMクラウディア [ATK 1800/DEF 0]
①:このカードが召喚に成功した時、「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。
[⇒ ①の効果で、手札から特殊召喚できるモンスターを手札に加えると、リンク召喚につなげやすい! このデッキに入っている「バックリンカー」のほか、「バックアップ・セクレタリー」も手札から特殊召喚する効果を持つのでオススメだ! ]

仲間の召喚に対応して手札から特殊召喚!! トークンを特殊召喚する効果も利用してリンク召喚につなげよう!

ブート・スタッガード [ATK 2300/DEF 500]
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドにサイバース族モンスターが召喚された時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。自分フィールドに「スタッグトークン」(サイバース族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
[⇒ 「クラインアント」の①の召喚に合わせて特殊召喚すると、「クラインアント」の効果が適用され攻撃力が上昇し、このカードの②の効果の発動も狙いやすい!]

自身の攻撃力がカギ!フィールドのモンスターを除外する強烈な効果を使いこなそう!

デュアル・アセンブルム [ATK 2800/DEF 1000]
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、サイバース族モンスター2体を除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。②:1ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を選んで除外する。
[⇒ ①の効果で特殊召喚すると、自身の攻撃力が下がり②の効果が使いにくくなる。そんな時は「サイバネット・バックドア」でこのカードをいったん除外することで攻撃力を元に戻せるので覚えておこう!]

レベル2の通常モンスターも登場!

  カード名 説明
デジトロン
[ATK 1500/DEF 0]
効果を持たない「通常モンスター」。
通常モンスターをリンク素材とする「リンク・スパイダー」につなげたり、「リンク・スパイダー」や「ドラコネット」の効果を利用して、通常モンスターの特殊召喚を狙う時にも役立つ!

サイバース族の活やくをサポートする魔法・罠カードも登場!

サイバース族やリンクモンスターの展開を強力にサポートする魔法・罠カードを紹介!

デッキのサイバース族を手札に加えるだけでなく、さまざまなコンボにつながる速攻魔法!!

サイバネット・バックドア [速攻魔法]
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。
[⇒ サイバース族を次の自分のスタンバイフェイズまで除外できる速攻魔法なので、相手の効果をかわすように発動することも可能。エクストラモンスターゾーンのモンスターに使えばメインモンスターゾーンに戻せるため、リンクモンスター同士の相互リンクを狙う使い方もできる!! 除外されると効果が発動できる「バランサーロード」に使うと、手札に加えたモンスターを特殊召喚できるコンボとなるぞ!]

「エンコード・トーカー」や「デコード・トーカー」を呼び出す強力な効果を持つ罠カード!!

リコーデッド・アライブ [通常罠]
①:自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。②:EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
[⇒ 相手に攻略され、墓地へ送られたり除外された「エンコード・トーカー」や「デコード・トーカー」を活用して、「コード・トーカー」モンスターの特殊召喚につなげられるぞ! ①の効果は、墓地の「トライゲート・ウィザード」を活用して発動することも可能だ。 ]


再収録されるカードにも注目!

これまで活やくしてきたカードや、今も活やくしている強力な注目カードも多数収録!
特殊召喚する効果でリンク召喚もサポートする「ジェスター・コンフィ」「グローアップ・バルブ」や、さまざまなデッキで活やくできる「マスマティシャン」「ソウル・チャージ 」「コズミック・サイクロン」「封印の黄金櫃」「神風のバリア -エア・フォース-」「神の通告」など、強力なカードがたくさん入っているのだ!

「サイバース・リンク」収録カード(再収録)


解説動画をチェック!

この動画をチェックしてデッキ体験会にも参加しよう!


▼発売前の新カード入りデッキでデュエルができる体験会!

リンク召喚体験会「Playmaker(プレイメーカー)」デッキ編 開催![2017年6月16日(金)まで]

キミならどんなカードを組み合わせてデッキを組む?

キミも相性の良いカードを思いつくだけ挙げてみよう!
───条件を指定してカードデータベースで検索すれば、新たな可能性が見つかるかも!!

▼カードデータベースで、すでに発売されているカードを調べる
サイバース族モンスター
サイバース族モンスター(レベル4以下)
サイバース族リンクモンスター
リンクモンスター


STRUCTURE DECK サイバース・リンク [2017年6月17日発売]
新アニメ「遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)」の主人公「遊作」がVR空間で闘う姿─── その名は「Playmaker(プレイメーカー)」。その主人公があやつるリンクモンスターやサイバース族モンスターを中心にした、思いきりリンク召喚を楽しめる構築済みデッキが登場!多数の新カードが登場し、リンク召喚をサポートする強力なカードにも注目だ!リンク召喚をあやつるキミだけの主人公デッキで楽しもう! [ 商品情報ページへ]

この記事をシェアする