「デュエリストエントリーデッキVS」であそぼう―「ダークレギオン」編

2人で遊べるスペシャルセット「デュエリストエントリーデッキVS」のカードを使う時のポイントを教えるぞ!
今回は、「ダークレギオン」デッキのカードをチェックしよう!

 関連記事:「デュエリストエントリーデッキVS」であそぼう―「セイバーフォース」編


「ダークレギオン」デッキのカードをくわしくチェック

[⇒ ○○ ] は、組み合わせて使うと良いカードや関連する効果を持つカードです。 ※ [ ○○ ] は、用語の説明などです。

■カードリスト

モンスター 魔法
▼DDD覇龍王ペンドラゴン
▼タルワール・デーモン
▼デーモン・ソルジャー
▼洞窟に潜む竜
▼グラビ・クラッシュドラゴン
▼ゴブリンエリート部隊
▼アックス・ドラゴニュート
▼ランス・リンドブルム
▼マッド・デーモン
▼魔轟神アシェンヴェイル
▼ランサー・ドラゴニュート
▼ナイトメアテーベ
▼ボマー・ドラゴン
▼グレイブ・スクワーマー
▼死者蘇生
▼ブラック・ホール
▼地砕き
▼サイクロン
▼突進
▼デーモンの斧
▼悪魔のくちづけ
▼勇気の旗印
▼聖なるバリア -ミラーフォース-
▼魔法の筒
▼落とし穴
▼砂塵の大竜巻
▼弱体化の仮面
▼リビングデッドの呼び声
▼攻撃の無力化
     

DDD覇龍王ペンドラゴン

【効果モンスター/悪魔族/闇属性/★7/ATK 2600/DEF 2400】
①:このカードが手札にある場合、自分メインフェイズに自分の手札・フィールドからドラゴン族モンスターと悪魔族モンスターを1体ずつリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:1ターンに1度、自分メインフェイズに手札を1枚捨てて発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで500アップする。その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

注目ポイント

強力な攻撃力と2つの効果を持ったレベル7のモンスター!
アドバンス召喚をしなくても、自身を特殊召喚する効果でフィールドに呼び出せるぞ!
自身の攻撃力を上げつつ魔法・罠カードを破壊できる効果も強力! 待ち伏せるカードを破壊して攻撃だ!
リリースとは?
基本的にモンスターカードを墓地に送ること
アドバンス召喚とは?
レベル5以上のモンスターは、召喚前に自分フィールドの別のモンスターをリリースしなければならない。この手順での召喚を「アドバンス召喚」と呼ぶ。
レベル5と6のモンスターは1体、レベル7以上のモンスターは2体をリリースする必要があるぞ!
(⇒レベル5以上は強いモンスターが多く、そのぶんレベル4以下のようにいきなり召喚することができないのだ!)
▲カードリストへもどる


タルワール・デーモン

【通常モンスター/悪魔族/闇属性/★6/ATK 2400/DEF 2150】
(そのタルワールは、悪魔族でも剣術の達人しか持つ事を許されていない。)

注目ポイント

効果を持っていない通常モンスター。
レベル6のモンスターなので攻撃力が高いぞ。アドバンス召喚して攻撃だ!
▲カードリストへもどる


デーモン・ソルジャー

【通常モンスター/悪魔族/闇属性/★4/ATK 1900/DEF 1500】
(デーモンの中でも精鋭だけを集めた部隊に所属する戦闘のエキスパート。与えられた任務を確実にこなす事で有名。)

注目ポイント

効果を持っていない通常モンスター。高い攻撃力を持っているぞ。
  • 攻撃力:1900
▲カードリストへもどる


洞窟に潜む竜

【通常モンスター/ドラゴン族/風属性/★4/ATK 1300/DEF 2000】
(洞窟に潜む巨大なドラゴン。普段はおとなしいが、怒ると恐ろしい。財宝を守っていると伝えられている。)

注目ポイント

効果を持っていない通常モンスター。守備力が高く守りに役立つぞ。
  • 守備力:2000
▲カードリストへもどる


グラビ・クラッシュドラゴン

【効果モンスター/ドラゴン族/闇属性/★6/ATK 2400/DEF 1200】
①:自分フィールドの表側表示の永続魔法カード1枚を墓地へ送り、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを破壊する。

注目ポイント

レベル6のモンスターなので攻撃力が高いうえ、相手モンスターを破壊する効果も持った強力なドラゴン。
  • 攻撃力:2400
  • レベル6のモンスター
    └ アドバンス召喚に必要なリリースは1体 [ アドバンス召喚とは? ] [ リリースとは? ]
  • モンスター1体を破壊する効果を持つ
    └ 効果の発動には自分フィールドの表側表示の永続魔法カード1枚を墓地へ送ることが必要
    └ 永続魔法カード [⇒ 勇気の旗印 ]
▲カードリストへもどる


ゴブリンエリート部隊

【効果モンスター/悪魔族/地属性/★4/ATK 2200/DEF 1500】
①:このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になり、次の自分ターンの終了時まで表示形式を変更できない。

注目ポイント

攻撃力2200はレベル4の中でトップクラス。
その代わり攻撃すると守備表示になってしまい、次の自分のターンは(攻撃表示に変更できないので)このモンスターで攻撃できないぞ。
  • 攻撃力:2200
  • 攻撃した場合、自身が守備表示になってしまう効果を持つ [⇒ アックス・ドラゴニュート ]
    └ 次の自分のターンが終わるまで守備表示のままで表示形式を変更できない
▲カードリストへもどる


アックス・ドラゴニュート

【効果モンスター/ドラゴン族/闇属性/★4/ATK 2000/DEF 1200】
①:このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。

注目ポイント

攻撃力2000はレベル4の中でトップクラス。その代わり攻撃すると守備表示になってしまう。
  • 攻撃力:2000
  • 攻撃した場合、自身が守備表示になってしまう効果を持つ [⇒ ゴブリンエリート部隊 ]
    └ 次の自分のターンでは表示形式を変更できる
▲カードリストへもどる


ランス・リンドブルム

【効果モンスター/ドラゴン族/風属性/★4/ATK 1800/DEF 1200】
①:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

注目ポイント

守備表示モンスターを戦闘で破壊しつつ、戦闘ダメージも与えよう!
▲カードリストへもどる


マッド・デーモン

【効果モンスター/悪魔族/闇属性/★4/ATK 1800/DEF 0】
①:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。②:攻撃表示のこのカードが攻撃対象に選択された場合に発動する。このカードを守備表示にする。

注目ポイント

守備表示モンスターを戦闘で破壊しつつ、戦闘ダメージも与えよう! ②の効果は、攻撃力の高いモンスターに攻撃された場合には戦闘ダメージの回避につながるぞ!
「~する」と「~できる」
カードの説明には「~する」と「~できる」という表現が使われていて、少しだけ意味に違いがあるぞ!「~する」は必ず行わなければならない効果で、「~できる」は実行するかしないかをプレイヤーが選べる効果なのだ。
▲カードリストへもどる


魔轟神アシェンヴェイル

【効果モンスター/悪魔族/光属性/★4/ATK 1600/DEF 1200】
①:このカードが戦闘を行うそのダメージ計算時に1度、手札を1枚墓地へ送って発動できる。このカードの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ600アップする。

注目ポイント

自身の攻撃力をアップする効果を使えば、攻撃力2200になるぞ!
  • 攻撃力:1600
  • 自身の攻撃力をアップする効果
    └ 効果の発動はダメージ計算時のみ。発動には手札1枚を墓地へ送ることが必要 [ ダメージ計算時とは? ]
ダメージ計算時とは?
ダメージの計算を行う直前の、カードの効果を発動する時を表している。
このタイミングではテキストに「ダメージ計算時」と書かれているカード以外は基本的に使用できないぞ!

⇒バトルフェイズ(やダメージステップ)の詳しいルールは中級・上級レベルの内容だ。
ルールを覚えてきたら「公式ルールブック」の「中級編」「上級編」をチェック!

▲カードリストへもどる


ランサー・ドラゴニュート

【効果モンスター/ドラゴン族/闇属性/★4/ATK 1500/DEF 1800】
①:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

注目ポイント

守備力が高いモンスター。攻撃力はそれほど高くないが、守備表示モンスターに戦闘ダメージを与えられる効果を持つぞ!
  • 守備力:1800
  • 自身が守備表示モンスターを攻撃した場合にも戦闘ダメージを与える効果を持つ [⇒ ランス・リンドブルム ]
▲カードリストへもどる


ナイトメアテーベ

【効果モンスター/悪魔族/光属性/★4/ATK 1500/DEF 500】
①:自分の手札と自分の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合、このカードの攻撃力は1500アップする。

注目ポイント

条件を満たすと攻撃力3000に!ピンチの時に逆転をねらえるぞ!
  • 自身の攻撃力をアップする効果を持つ
    └ 自分の手札が0枚で自分の魔法&罠ゾーンにカードが1枚もない間のみ有効
    (自分のモンスターゾーンにはカードがあっても良い)
▲カードリストへもどる


ボマー・ドラゴン

【効果モンスター/ドラゴン族/地属性/★3/ATK 1000/DEF 0】
①:このカードの攻撃で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。②:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。このカードを破壊したモンスターを破壊する。

注目ポイント

自ら戦闘で勝てない相手に攻撃をしかけて、モンスターを破壊する効果を引き出すこともできるぞ!
  • モンスター1体を破壊する効果
    └ 自身が攻撃して戦闘で破壊された場合、相手モンスターの攻撃を受けて戦闘で破壊された場合のどちらでも適用される
    └「~発動する。」と書かれた効果 [ 「~する」と「~できる」とは? ]
  • 自身が攻撃した場合は、自分も相手も受ける戦闘ダメージは0になる効果を持つ
▲カードリストへもどる


グレイブ・スクワーマー

【効果モンスター/悪魔族/闇属性/★1/ATK 0/DEF 0】
①:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを破壊する。

注目ポイント

破壊できるのは、モンスターだけでなく魔法・罠カードでもOK!
(裏側守備表示で)セットして相手の攻撃を待とう!
  • フィールドのカード1枚を破壊する効果を持つ
    └ 戦闘で破壊され墓地に送られた場合に必ず発動する効果
    └ 「~発動する。」と書かれた効果 [ 「~する」と「~できる」とは? ]
▲カードリストへもどる


死者蘇生

【通常魔法】
①:自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

注目ポイント

「DDD覇龍王ペンドラゴン」や「グラビ・クラッシュドラゴン」などの強力なモンスターを墓地からよみがえらせよう!
また、特殊召喚するモンスターは相手の墓地からでも選べ、その場合でも自分フィールドに特殊召喚するぞ!
相手の強力なモンスターを利用することもできる強力なカードなのだ!
▲カードリストへもどる


ブラック・ホール

【通常魔法】
①:フィールドのモンスターを全て破壊する。

注目ポイント

フィールドのモンスターを破壊する強力なカード!
自分のモンスターも破壊されるので注意して使おう!
  • フィールドのモンスターを全て破壊する効果
    └ 表側表示のモンスター・裏側表示のモンスター、どちらも破壊される
▲カードリストへもどる


地砕き

【通常魔法】
①:相手フィールドの守備力が一番高いモンスター1体を破壊する。

注目ポイント

相手の守備力(攻撃力ではないので注意)が一番高いモンスターを破壊!
  • モンスターを1体破壊する効果を持つ
    └ 相手フィールドに守備力が一番高いモンスターが2体以上いる場合は、どのモンスターを破壊するかを自分が選ぶ
▲カードリストへもどる


サイクロン

【速攻魔法】
①:フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

注目ポイント

相手が何か魔法か罠カードをセットしていて、それが「落とし穴」のようなカードだった場合、キミが召喚したモンスターはいきなり破壊されてしまうかもしれない。 相手がセットしているカードが怪しいなと思ったらこのカードで破壊しよう。
速攻魔法とは?
のアイコンを持つ魔法カード。
基本的にメインフェイズ以外のフェイズでも発動できる特殊な魔法だぞ!
あらかじめセットしておくと自分のターンだけでなく相手のターンでも発動できるが、セットしたターンにそのカードを発動することができないといった罠カードのような特徴も持つのだ。
破壊と無効について
サイクロンはカードを破壊する効果だが、破壊したカードの効果を無効にする効果は持っていないぞ!
たとえば、相手が発動した「ブラック・ホール」にチェーンして破壊しても、「ブラック・ホール」の効果は消えないのだ。
ただし、「装備魔法」や「永続魔法」「永続罠」の効果は、フィールドにそのカードが存在するあいだだけ続く性質を持つものがほとんどで、破壊してフィールド上からなくなれば効果がなくなるものばかり。
表側になった魔法・罠カードを破壊する場合は、効果が続いているこれらのカードに使って効果をたち切る使い方をしよう。
チェーンとは?
「発動」された効果に対して、その効果の「処理」を行う前に別の効果の「発動」のチャンスが与えられる仕組みのこと。

 ⇒中級レベルの内容なので、くわしく知りたいタイミングで「公式ルールブック」の「中級編」をチェックしよう!

▲カードリストへもどる


突進

【速攻魔法】
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。

注目ポイント

モンスターの攻撃力を700アップさせる効果。速攻魔法なのであらかじめセットしておくと相手ターンで発動することもできる。 相手モンスターが攻撃してきたときに発動して返り討ちにすることもできるぞ!
  • 速攻魔法 [ 速攻魔法とは? ]
  • フィールドのモンスター1体の攻撃力をアップする効果
▲カードリストへもどる


デーモンの斧

【装備魔法】
①:装備モンスターの攻撃力は1000アップする。②:このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードをデッキの一番上に戻す。

注目ポイント

攻撃力を1000アップさせて攻撃だ!
  • 装備魔法 [ 装備魔法とは? ] [⇒ 悪魔のくちづけ ]
  • 攻撃力アップ
  • モンスターの攻撃力をアップする効果を持つ
  • このカードをデッキの一番上に戻す効果を持つ
    └ 発動には、このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分フィールドのモンスター1体をリリースすることが必要
装備魔法とは?
のアイコンを持つ魔法カード。
1体のモンスターに効果を与え、発動後もフィールドに残り続ける(装備している)ことで効果が維持されるぞ。
▲カードリストへもどる


悪魔のくちづけ

【装備魔法】
①:装備モンスターの攻撃力は700アップする。②:このカードがフィールドから墓地へ送られた時、500LPを払って発動できる。このカードをデッキの一番上に戻す。

注目ポイント

自分のモンスターに装備して攻撃力を700アップさせて攻撃だ!
「魔轟神アシェンヴェイル」(攻撃力1600)に装備した上で、さらにモンスター効果を使えば、攻撃力は2900(1600+700+600)になるぞ!
  • 装備魔法 [ 装備魔法とは? ] [⇒ デーモンの斧 ]
  • モンスターの攻撃力を700アップさせる効果を持つ
  • このカードをデッキの一番上に戻す効果を持つ
    └ 発動には、このカードがフィールドから墓地へ送られた時、500LP払うことが必要
▲カードリストへもどる


勇気の旗印

【永続魔法】
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドのモンスターの攻撃力は、自分バトルフェイズの間200アップする。

注目ポイント

永続魔法なので、発動後にフィールドに残ることで効果を維持し続けるぞ!
永続魔法とは?
のアイコンを持つ魔法カード。
発動後もフィールドに残り続け、フィールドを離れるまで効果を発揮し続ける魔法カードだ。
▲カードリストへもどる


聖なるバリア -ミラーフォース-

【通常罠】
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

注目ポイント

強力な罠カード!攻撃表示の相手モンスターを全て破壊してしまおう!
  • 通常罠(自分のターンにセットしておこう)
  • 相手の攻撃宣言したモンスターだけでなく、相手フィールドの攻撃表示モンスターが全て破壊される。
▲カードリストへもどる


魔法の筒

【通常罠】
①:相手モンスターの攻撃宣言時、攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃モンスターの攻撃を無効にし、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

注目ポイント

相手の攻撃を止めつつ、効果ダメージを与えるぞ!
相手モンスターの攻撃力が高いほど、相手にダメージを与えることができる。ピンチをチャンスに変えよう!
  • 通常罠(自分のターンにセットしておこう)
  • 効果によるダメージを与える効果
▲カードリストへもどる


落とし穴

【通常罠】
①:相手が攻撃力1000以上のモンスターの召喚・反転召喚に成功した時、そのモンスター1体を対象として発動できる。その攻撃力1000以上のモンスターを破壊する。

注目ポイント

アドバンス召喚の成功時にも発動OK!(「アドバンス召喚」は「召喚」の中に含まれるため)
特殊召喚の成功時には発動できないぞ!
  • 通常罠(自分のターンにセットしておこう)
  • 相手のモンスター1体を破壊する効果
    └ 相手が攻撃力1000以上のモンスターを召喚・反転召喚した時に発動できる
▲カードリストへもどる


砂塵の大竜巻

【通常罠】
①:相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その相手のカードを破壊する。その後、手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。

注目ポイント

相手フィールド上の魔法・罠カードを破壊でき、さらに破壊した直後なら自分の手札から魔法・罠カードをセットできるぞ。
  • 通常罠(自分のターンにセットしておこう)
  • 魔法・罠カードを1枚破壊する効果を持つ [⇒ サイクロン ]
▲カードリストへもどる


弱体化の仮面

【通常罠】
①:攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃モンスターの攻撃力はターン終了時まで700ダウンする。

注目ポイント

自分のモンスターに攻撃を仕掛けてきた相手モンスターに使えば、返り討ちにすることも可能だぞ!
  • 攻撃宣言したモンスターの攻撃力をダウンする効果
▲カードリストへもどる


リビングデッドの呼び声

【永続罠】
①:自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

注目ポイント

このデッキならどのモンスターでも墓地から特殊召喚できるぞ!
  • 永続罠(自分のターンにセットしておこう)[ 永続罠とは? ]
  • 自分の墓地のモンスターのみ特殊召喚できる効果 [⇒ 死者蘇生 ]
    └ モンスターを特殊召喚するのは、セットしておいたこのカードを表側にして発動した時のみ。
    (このカードがフィールドに残り続けている間、何度も特殊召喚できるわけではないので注意しよう)
永続罠とは?
のアイコンを持つ罠カード。
発動後はフィールドに残り続けることで効果を維持するぞ。
▲カードリストへもどる


攻撃の無力化

【カウンター罠】
①:相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃を無効にする。その後、バトルフェイズを終了する。

注目ポイント

攻撃を無効にするだけでなく、バトルフェイズを終了するため強力! 相手モンスターが立ち並んでバトルを仕掛けてきた場合でも、そのターンをしのぐことができるぞ!
  • カウンター罠(自分のターンにセットしておこう)[ カウンター罠とは? ]
  • 相手モンスターの攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了する効果を持つ
カウンター罠とは?
のアイコンを持つ罠カード。
基本的にカードの発動や相手の行動に対して発動する。カウンター罠はスペルスピードが最も早く、カウンター罠の発動に、カウンター罠以外のカードをチェーンして発動することができないのだ!
スペルスピードとは?
チェーンの仕組みにかかわる、カードの効果のスピードのこと。
発動したカードに対し、そのカードより遅いスペルスピードのカードをチェーンできないのだ!

 ⇒中級レベルの内容なので、ルールを覚えてきたら「公式ルールブック」の「中級編」をチェックしよう!
▲カードリストへもどる
この記事をシェアする