「墓守」特集:「レガシー・オブ・ザ・ヴァリアント」の新カードで復古復権!

古より活やく目覚ましい「墓守」が、「レガシー・オブ・ザ・ヴァリアント(LVAL)」の新カードの登場でさらに大幅強化!キミだけの「墓守」デッキを作ってみよう!

墓守の審神者 [ATK 2000/DEF 1500]
レベル8の最上級モンスターで、モンスター2体をリリースしたアドバンス召喚のほかに、モンスター3体、または「墓守」1体をリリースして召喚する事もできる。また、次の(A)~(C)の効果を持ち、このカードの召喚成功時、その召喚のためにリリースした「墓守」の数まで選んで発動できるぞ!
(A)「このカードの攻撃力は、その召喚のためにリリースしたモンスターのレベルの合計×100ポイントアップする」
(B)「相手フィールド上にセットされたモンスターを全て破壊する」
(C)「相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力・守備力は2000ポイントダウンする」

新たな「墓守」モンスターの紹介

今回の新モンスターは全て闇属性の魔法使い族だ。それぞれの特徴をここでチェックしよう!

墓守の使徒 [ATK 1000/DEF 1000]
このカードが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られた時、デッキから「墓守の使徒」以外の「墓守」1体を裏側守備表示で特殊召喚できる! 特にリバース効果を持つ「墓守の偵察者」と組み合わせたコンボがオススメだ。「墓守の偵察者」の効果で「墓守の末裔」を特殊召喚し相手のカードを破壊したり、この後に紹介する「墓守の祈祷師」を特殊召喚し「王家の眠る谷-ネクロバレー」を守ったりと、状況に応じた展開を可能とする強力なコンボだぞ!

墓守の伏兵 [ATK 1700/DEF 0]
このカードがリバースした時の効果で、相手の墓地のカード1枚をデッキの一番下に戻す事ができるぞ!また、リバースしたこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「ネクロバレー」と名の付くカード1枚を手札に加える事ができるので、「王家の眠る谷-ネクロバレー」はもちろん、この後に紹介する「ネクロバレーの祭殿」や「ネクロバレーの王墓」も墓地から回収できるのだ。(このカードの効果は「王家の眠る谷-ネクロバレー」の効果では無効化されない)

墓守の祈祷師 [ATK 1500/DEF 1500]
このカードの守備力は、自分の墓地の「墓守」モンスターの数×200ポイントアップ!そして、このカードが表側表示で存在する限り、「墓守」以外の墓地で発動する効果モンスターの効果を無効化!また、「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールド上に存在する場合、相手はフィールド魔法カードを発動できず、フィールド魔法カードは相手の効果によっては破壊されないぞ!「王家の眠る谷-ネクロバレー」を維持し相手の行動を封じていく展開を強力にサポートするのだ!

新たな魔法・罠カードも登場!

「墓守」と「王家の眠る谷-ネクロバレー」を展開した上で発動できる、強力な魔法・罠カードが登場!

ネクロバレーの祭殿 [永続魔法]
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いに「墓守」モンスター以外のモンスターを特殊召喚できなくなる強烈な効果を持つ永続魔法。発動には、フィールド上に「墓守」モンスター及び「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在する必要があり、「墓守」モンスター及び「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールド上に存在しない場合、このカードは自らの効果で破壊されてしまうので、これらを維持しながら戦うのがポイントだぞ!

ネクロバレーの王墓 [カウンター罠]
効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する強力な効果を持つカウンター罠。フィールド上に「墓守」モンスター及び「王家の眠る谷-ネクロバレー」が存在する場合に発動できるので、「ネクロバレーの祭殿」と同じく、これらを維持しながら戦おう!今回の新カードで相手の行動を封じ込める展開をする上で、このカウンター罠を構えることができれば、戦線を維持する大きなサポートとなり、かなり有利に展開できるはずだ!

「墓守」「ネクロバレー」関連のカードが増え、相手の動きを封じるコンボが増えたぞ!

キミならどんな組み合わせで「墓守」デッキをつくる?
▼これまで発売された関連カードを検索する
「墓守」と名の付くカード
「墓守」という文字がカードテキストに含まれるカード
「ネクロバレー」と名の付くカード
「ネクロバレー」という文字がカードテキストに含まれるカード


この記事をシェアする