「亜空間物質転送装置」と「ディメンション・ゲート」

今回は、自分フィールド上のモンスターを一時的に除外する効果を持つ罠カード「亜空間物質転送装置」と「ディメンション・ゲート」を紹介。
破壊などの効果から逃れる目的に使われるほか、除外された時に発動する効果とのコンボを狙うことも可能だ。
また、フィールド上に帰ってくる時が、特殊召喚かどうかの違いも特徴となってくるぞ。
デッキに入れるとしたら、キミならどっち?

詳細:カードDB

ディメンション・ゲート

このカードの発動時に、自分フィールド上のモンスター1体を選択し、表側表示でゲームから除外する。また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事ができる。このカードが墓地へ送られた場合、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できる。
[特徴]
  • 永続罠
  • 自分フィールド上のモンスターを一時的に除外する効果
    ⇒破壊などの効果から逃れる時に有効
  • このカードが墓地へ送られた場合に除外したモンスターを特殊召喚できる
    ⇒表側攻撃表示・表側守備表示を選んで特殊召喚できる
  • 除外時に発動する効果を持つモンスターでコンボが狙える
    ⇒「征竜」などの除外時に発動する効果を引き出せる
  • 特殊召喚に成功した時に発動する効果を持つモンスターでコンボが狙える
    ⇒「E・HERO エアーマン」などの効果を引き出せる
  • 相手の直接攻撃宣言時にこのカードを墓地へ送る事ができるため、モンスターを特殊召喚し直接攻撃を防ぐことができる
  • 永続罠のため、発動時に「サイクロン」などをチェーンされ破壊されると除外できない
詳細:カードDB

亜空間物質転送装置

自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、このターンのエンドフェイズ時までゲームから除外する。
[特徴]
  • 通常罠
  • 自分フィールド上のモンスターを一時的に除外する効果
    ⇒破壊などの効果から逃れる時に有効
  • 発動したターンのエンドフェイズ時にフィールド上に戻る(特殊召喚ではない)
    ⇒除外した時と同じ表示形式で戻る
  • 除外時に発動する効果を持つモンスターでコンボが狙える
    ⇒「征竜」などの除外時に発動する効果を引き出せる
  • フィールド上に戻るのは特殊召喚ではないため「激流葬」等に邪魔されない
    ⇒比較的モンスターを安全にフィールド上に戻せる
  • 除外したモンスターが戻るのはエンドフェイズなので、自分フィールド上にモンスターがいない時は直接攻撃を受けてしまう
  • 通常罠のため、発動時に「サイクロン」などをチェーンされても除外することができる
この記事をシェアする