「征竜」特集:地・水・炎・風の4属性に超ド級のドラゴンが登場!

「征竜」登場!古より蘇りし4体の竜が、キミの様々なデッキを強化!!!!

2月16日(土)発売「ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー」収録で様々なデッキを強化する効果を持つ4体の「征竜」に注目が集まり、話題となっている!!
4体の「征竜」は全てレベル7の強力モンスターで、それぞれ複数の効果を持ち合わせている。
手札や墓地からかんたんに特殊召喚できる効果が強力なのはもちろん、手札を強化する効果や、4体それぞれが個別に持つ効果もあるため、様々な状況で活やくできるのだ。
そのため、「征竜」たちを中心に構成したデッキだけでなく、ドラゴン族デッキや、同じ属性を多く含むデッキを強化する汎用性も持ち合わせているのだ!

古より蘇りし4体の竜が、キミのデュエルを進化させる!!!!

<主な収録商品>
ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー

4体の「征竜」の強力効果をチェック

各「征竜」が共通して持つ効果

まずは4体(地・水・炎・風)の「征竜」に共通する効果をチェックしてみよう。
(※○属性と表記されているところは、「征竜」毎に異なりその「征竜」と同じ属性が入る)

  1. 手札・墓地から特殊召喚!
    コストとしてドラゴン族または○属性モンスターを手札・墓地から合計2体除外するだけで、手札・墓地から特殊召喚! 墓地に「征竜」とコストにする2枚があれば、手札を使わずに「征竜」を特殊召喚できるのだ!
  2. デッキから同属性ドラゴンを手札に!
    このカードが除外された場合、デッキから○属性のドラゴン族モンスターを手札に加える事ができる。他の属性の「征竜」が特殊召喚する時のコストとして除外し、コンボにつなげよう!
  3. 手札に戻る効果は次の効果発動につながる!
    特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に手札に戻る。この効果は、この後に説明する個別に持つ効果の発動に役立つケースも少なくないぞ。

各「征竜」が個別に持つ効果

「征竜」たちはそれぞれ強力効果も持ち合わせているので、ここでチェックしよう!

巌征竜-レドックス(ATK 1600/DEF 3000)
このカードと地属性1体を手札から墓地へ捨てる事で、自分の墓地のモンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。また、手札の高レベルの地属性を(捨てつつ墓地から)特殊召喚するのにも役立ち、墓地に残ったこのカードは次の自身の特殊召喚に利用できる。特殊召喚した後の手札に戻る効果は、くり返しこの個別に持つ効果の発動につながるといったサイクルが特に強力!コンボへの布石として墓地に送りたいモンスターがいる時も便利だ!

瀑征竜-タイダル(ATK 2600/DEF 2000)
このカードと水属性1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからモンスター1体を墓地へ送る効果を持つ。コストには墓地に送りたいモンスターや「海皇」を利用すればコンボにつながるぞ。そして、デッキから墓地に送るモンスターに制限はないため、墓地で効果を発揮するモンスターや墓地のモンスターを利用するコンボにつなげよう!墓地にモンスターを増やしたり、増えすぎたら自身の特殊召喚で墓地の水属性の数を調整できたりと「氷霊神ムーラングレイス」とも好相性。

焔征竜-ブラスター(ATK 2800/DEF 1800)
このカードと炎属性1体を手札から墓地へ捨てる事で、フィールド上のカード1枚を破壊する効果を持つ。召喚・特殊召喚してフィールド上ではじめて使えるようなモンスター効果とは違い、モンスターを展開する前に相手が待ち伏せているカードを破壊できる点が特に強力だ!「ラヴァル」などの墓地にモンスターを送りたいテーマでも活やくでき、墓地にあるこのカードは次の自身の特殊召喚につなげることができるぞ!攻撃力も「征竜」の中で最強で2800もあるぞ!

嵐征竜-テンペスト(ATK 2400/DEF 2200)
このカードと風属性1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族1体を手札に加える効果を持つ。手札に加えるドラゴン族に制限はなく「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」も選べる。そこからこのターンに効果を発動していない「征竜」を除外して特殊召喚すれば、「征竜」の除外された時の効果を引き出すコンボにつながり、手札を次々と強化しドラゴン族を展開できる。風属性の「真紅眼の飛竜」も相性が良く「レッドアイズ」を活やくさせやすいぞ!

「征竜」を使いこなすポイント

この4体の「征竜」の効果は、同名のモンスターを含めて1ターンに1度発動できる。
それぞれが持つ4つの効果にうち、どれか1つを発動できるのだ。
毎ターン、各「征竜」にどの効果を使わせるか考えて使おう!

また、特殊召喚するときのポイントを少しだけ紹介するのでチェックしよう!

【ケース1】手札の3種の「征竜」で特殊召喚

墓地を利用できない序盤は、手札をコストに特殊召喚するケースが多い。そんな時でも「征竜」コンボで…!!!

1.手札の「征竜」2種を除外し、もう1種の「征竜」を特殊召喚

2.コストで2枚手札が減ったが、除外された「征竜」2体の効果が発動!

3.各属性のドラゴン族を手札に加えられる効果で手札回復!

結果、まるで手札を消費せずに「征竜」を特殊召喚したようなコンボになる。
また、別のドラゴン族を手札に加えれば、次のコンボの準備につなげることもできるといった対応力も強力だ!


【ケース2】墓地の3種の「征竜」で特殊召喚

墓地を利用して特殊召喚できる時はチャンス!墓地の3種の「征竜」を利用した特殊召喚で手札が2枚増える!!

1.墓地の「征竜」2種を除外し、もう1種の「征竜」を特殊召喚すると…

2.手札を使わず「征竜」を特殊召喚し、手札が2枚増える(デッキから各属性の好きなドラゴン族を加えられる)!

墓地からの特殊召喚のみならず、手札を大幅強化できる超コンボ!!!

相性の良いカード

「征竜」は除外されることでデッキから同属性のドラゴン族を手札に加えることができるので「封印の黄金櫃」との相性がバツグン! 2ターン後に除外した「征竜」が手札に加わるほか、発動時に除外した「征竜」の効果が発動できるので、この1枚で強力なドラゴン族2体が手札に加わるのだ!
また、「征竜」には、墓地のモンスターを利用して墓地から特殊召喚ができる効果も持つので、「カードガンナー」や「ライトロード」のような墓地にカードを送りコンボの準備ができるカードとも相性が良い。

そして、「征竜」と同じ「ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー」収録の「七星の宝刀」とのコンボは強力で、手札が増えるぞ!

七星の宝刀との強力コンボ

1.「征竜」を除外し、「七星の宝刀」を発動すると

2.「七星の宝刀」で2枚ドローした上に「征竜」の効果が発動でき、手札が増える!

「征竜」の強さや魅力について少しだけ紹介したが、まだまだ紹介しきれないほどの多くの可能性を秘めているぞ!

キミなら、どんなコンボやどんなテーマに入れて「征竜」を活やくさせる!?

この記事をシェアする