「強制転移」と「精神操作」

今回は相手モンスターのコントロールを得る効果を持つ魔法を2つ紹介!
ストラクチャーデッキ-炎王の急襲-」収録の「強制転移」と「ゴールドシリーズ2013」収録の「精神操作」、
デッキに入れるとしたら、キミならどっち?

収録:GS05

精神操作

相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターのコントロールを得る。この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースする事もできない。
[特徴]
  • 通常魔法
  • 相手フィールド上のモンスター1体のコントロールを得る
  • コントロールを得るのは、このターンのエンドフェイズまでの一時的な効果
  • コントロールを得たモンスターは攻撃宣言やリリースができないが、シンクロ召喚やエクシーズ召喚などに利用できる
  • コントロールを得たモンスターの表示形式の変更は可能で、リバースなどで発動する効果を持っていれば反転召喚して効果を使える
  • ほかの特徴
    • ダイレクトアタックをしたい時にも役立つ
    • コントロールを得るモンスターを自分で選べるが、そのモンスターを有効利用できないケースもある
    • ランク5・6のエクシーズモンスターのコントロールを得れば「迅雷の騎士ガイアドラグーン」を重ねてエクシーズ召喚できる
収録:SD24

強制転移

お互いはそれぞれ自分フィールド上のモンスター1体を選び、そのモンスターのコントロールを入れ替える。そのモンスターはこのターン表示形式を変更できない。
[特徴]
  • 通常魔法
  • お互いのモンスター1体ずつのコントロールを入れ替える
  • 入れ替えたコントロールはそのターンの間だけでなく、次のターン以降も続く
  • コントロールを得たモンスターは攻撃宣言やリリースに制限はなく、シンクロ召喚やエクシーズ召喚などにも利用できる
  • この効果を使ってコントロールを入れ替えたモンスターは、このターンには表示形式を変更することができない(反転召喚もできない)
  • ほかの特徴
    • 強力な相手モンスターを利用して逆転を狙える
    • それぞれが相手に渡すモンスターを決めるため、相手モンスターが2体以上の時には使いにくい
    • 戦闘破壊しやすく、かつ、墓地で効果を発動するモンスターを相手に送りつけることで、コンボにつなげることができる
この記事をシェアする