「炎星」に注目!アニバーサリーゴールドラッシュキャンペーン!

アニバーサリーゴールドラッシュキャンペーンで「炎星」シリーズモンスターが次の3誌に付録されたぞ!
・「炎星侯-ホウシン」 : 「Vジャンプ」 2012年9月号(7/21売)付録
・「炎星師-チョウテン」 : 「週刊少年ジャンプ」 2012年35号(7/30売)付録
・「炎星皇-チョウライオ」 : 「最強ジャンプ」 2012年9月号(8/4売)付録
今回は、「炎星侯-ホウシン」に注目してコンボを紹介!

注目カード

炎星侯-ホウシン
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上でシンクロ召喚できる炎属性・獣戦士族のレベル6シンクロモンスター。攻撃力・守備力はともに2200だ。
このカードがシンクロ召喚に成功した時、デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる強力効果を持つので有効に使おう!また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できないので注意が必要だぞ。

コンボ紹介

「炎星侯-ホウシン」+「セカンド・ブースター」TSHD収録)
「炎星侯-ホウシン」をシンクロ召喚し、その効果でデッキから「セカンド・ブースター」を特殊召喚しよう。「セカンド・ブースター」は自身をリリースすることで、自分フィールド上のモンスター1体の攻撃力をエンドフェイズ時まで1500ポイントアップすることができるので、「炎星侯-ホウシン」の攻撃力を3700にアップさせ、強烈な一撃をあたえることができるぞ!

「炎星侯-ホウシン」+「ローンファイア・ブロッサム」GDB1収録)
「炎星侯-ホウシン」の効果で特殊召喚した「ローンファイア・ブロッサム」をリリースして発動する効果でデッキから植物族を特殊召喚できる。「コアキメイル・グラヴィローズ」を特殊召喚して次ターンまで維持すれば、墓地にレベル3以下のモンスターを送れるため、炎属性を送れば「炎星師-チョウテン」等の効果が使い易くなるなど、さまざまな展開につなぐことができるぞ!

「炎星侯-ホウシン」+「ファイヤー・トルーパー」DE02収録)
「炎星侯-ホウシン」の効果でデッキから特殊召喚するモンスターに「ファイヤー・トルーパー」を選べば、特殊召喚された「ファイヤー・トルーパー」自身を墓地へ送って相手に1000ポイントのダメージをあたえることができるぞ。戦闘を行えないターンに特殊召喚してデュエルを優位に進められ、また、相手のライフポイントが1000以下の場合に効果が決まればキミの勝利だ!


「炎星侯-ホウシン」+「炎星師-チョウテン」+「ブースト・ウォリアー」DP遊星編3収録)「アームズ・エイド」DE03収録)
「炎星侯-ホウシン」のシンクロ召喚に成功したターンにはレベル5以上のモンスターを特殊召喚できなくなってしまうが、レベル4以下の特殊召喚ならば可能だ。そこで、「炎星侯-ホウシン」の効果で特殊召喚するモンスターに炎属性・レベル3のチューナーを選ぼう。「炎星師-チョウテン」はもちろん、「ラヴァル炎湖畔の淑女」「フレア・リゾネーター」などでもOKだ。そして、レベル3チューナーが特殊召喚されたところで、チューナーが存在していれば手札から特殊召喚できるレベル1モンスター「ブースト・ウォリアー」を手札から特殊召喚。レベル3チューナーと「ブースト・ウォリアー」でレベル4「アームズ・エイド」をシンクロ召喚しよう!「炎星侯-ホウシン」(ATK2200)と「アームズ・エイド」(ATK1800)でそのまま攻撃してもよいし、「アームズ・エイド」を装備させた「ホウシン」(ATK3200)でバトルを行い、「アームズ・エイド」の効果ダメージを狙ってもいいぞ。ちなみに、「ブースト・ウォリアー」は炎属性モンスターで、ATK300・DEF200と「真炎の爆発」との相性もよい、という隠れた一面を持っているぞ。

この記事をシェアする