「禁止令」と「連鎖除外」

マッチ戦(2デュエル先取/最大3デュエル)でのデュエルを行う公認大会などでは、1回デュエルが終わるごとにデッキのカードをサイドデッキのカードと入れかえることができるぞ。
サイドデッキには、主に苦手なデッキや相性の悪いカードを相手にした時の対策カードを入れておこう!
今回はそんなサイドデッキに利用されているカードの中から、特定のカードが重要な役割を持っているようなデッキに対策するカードを2枚紹介するぞ。
ストラクチャーデッキ「マシンナーズ・コマンド」に収録されている「禁止令」と、ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」に収録される「連鎖除外」、サイドデッキにどちらか入れるとしたら、キミならどっち?

連鎖除外

攻撃力1000以下のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。その攻撃力1000以下のモンスターをゲームから除外し、さらに除外したカードと同名カードを相手の手札・デッキから全て除外する。
[特徴]
  • 通常罠
  • 強力な効果を持つ低攻撃力のモンスター対策
  • 同時に相手の手札・デッキからも同名カードを除外するため、一度に相手のキーカードを3枚除外できることもある
  • 対策モンスターの代表例
    • 聖刻龍:攻撃力0で特殊召喚したモンスター等
    • 甲虫装機:「甲虫装機 ダンセル」等
    • ラヴァル:「ラヴァル炎湖畔の淑女」等
    • インフェルニティ:「インフェルニティ・ネクロマンサー」等
    • よく使われているカード:「レスキューラビット」等

禁止令

カード名を1つ宣言して発動する。このカードがフィールド上に存在する限り、宣言されたカードをプレイする事はできない。このカードの効果が適用される前からフィールド上に存在するカードにはこのカードの効果は適用されない。
[特徴]
  • 永続魔法
  • モンスター・魔法・罠の種類問わず対策できる
  • さまざまなカードに対策できる反面、永続魔法のためサイクロンなどで破壊され効果がすぐなくなることもある
  • 対策モンスターの代表例
    • 暗黒界:「暗黒界の龍神 グラファ」等
    • 代行者:「マスター・ヒュペリオン」等
    • 剣闘獣:「剣闘獣ベストロウリィ」「剣闘獣の戦車」等
    • HERO:「E・HERO アナザー・ネオス」「超融合」等
    • よく使われているカード:「エフェクト・ヴェーラー」等
この記事をシェアする