「ブラック・ホール」と「死者蘇生」

強力な効果を持ち逆転のきっかけになりうる魔法カード「ブラック・ホール」と「死者蘇生」──。
どちらも2012年3月現在「制限カード」となっており1枚だけデッキに入れられるカードだ。
両方ともデッキにいれているケースも多いが、もしどちらかだけを入れるとしたら、キミはどっちをいれる?
この春「スターターデッキ」や構築済みデッキなどを手に入れてはじめる人にもこれらは重要なカードなので、ここであらためて紹介しておこう。
(この2枚のカードは「ビギナーズエディション1」などに収録されています。)

死者蘇生

自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
[特徴]
  • 墓地のモンスターを特殊召喚できる超強力効果を持つ通常魔法だ。自分の墓地だけでなく相手の墓地のモンスターも選ぶことができるぞ。相手の墓地のモンスターを選ぶ場合は、相手に「リビングデッドの呼び声」をチェーンされないよう注意しよう。「リビングデッドの呼び声」も自分の墓地のモンスターを特殊召喚する効果を持っているので、同じモンスターを相手に先に特殊召喚されてしまい、こちらの特殊召喚は失敗してしまうぞ。セットされた魔法・罠カードがあったら注意しよう。

ブラック・ホール

フィールド上のモンスターを全て破壊する。
[特徴]
  • 自分・相手フィールド上のモンスターを全て破壊する超強力な通常魔法だ。相手がたくさんモンスターを展開してきたら、これで一気に吹きとばそう!使う時に注意したいのは罠カード「スターライト・ロード」だ。自分フィールド上のカードを2枚以上破壊する効果を無効にできるそのカードを使われると、モンスターを破壊できない上に相手フィールド上に「スターダスト・ドラゴン」が特殊召喚され、ますますピンチになるぞ。複数枚の魔法・罠カードがセットされていたら特に注意しよう。
この記事をシェアする